聴診教育システム

iPax アイパクス

iPaxは、自分自身の端末で聴診学習ができる優れた学習システムです。
専用サイトにアクセスすれば、いつでも、どこでも、生体と変らない聴診音で学習することができます。

脈触診側の聴くゾウは、音量を大きくして利用します

iPaxは、聴くゾウと一緒に利用することで実践的な聴診技術を学ぶことができます。

監修

髙階經和先生 臨床心臓病学教育研究会理事長

皿谷健先生  杏林大学医学部呼吸器内科准教授

日臺 智明先生 日本大学医学部医学教育センター教授


特長

❶  アイパクスは聴診教育のためのシステムです

❷  画面に表示された前胸部と背部をチェストピース  を移動させて聴診します

❸  チェストピース部分の聴診音が聴こえます

❹  心音症例では、肺音のON/OFFや脈触診、心拍数  変更ができます

❺  肺音症例では、心音のON/OFFができます

❻  フルスクリーン表示ではオフライン利用が可能です

❼  オリジナル症例を設置することができます


iPaxカタログダウンロード(PDF2MB)

1.iPaxの機能(心音肺音の切替、前胸部拡大表示)

動画で紹介しています。

2.iPaxのケーススタディ(例):胸痛を訴える症例

ケーススタディの一例をアニメーションで紹介します。
iPaxにはケーススタディを掲載しています。利用者(学習者)はiPaxの患者のバイタルや視診、触診、聴診を測定し、レントゲンや心電図、心エコー図の結果を判断して最終診断を導きます。

  1. コンテンツを開くと、病歴バイタルが表示されます。
  2. 血圧測定は、画面に表示される血圧計を見ながらコロトコフ音を聴いて測定します(このアニメーション画面では音は聴こえません)
  3. 視診触診は、画像や映像で確認します(視診、触診の「コツ」も紹介しています)
  4. 聴診は、前胸部にチェストピースアイコンを移動させて行います(実際のコンテンツでは、聴診部位/最強点を外すと音が減衰して聴こえます)
  5. 胸部X線心電図などの検査の後に最終診断を行います
  6. 聴診だけでなく、血圧測定や触診も聴くゾウで演習することができます(聴くゾウが無い場合はイヤホンをご利用ください)
  7. 監修者 高階經和先生(臨床心臓病学教育研究会理事長)の解説動画を掲載しています

心音症例

画面に表示された「前胸部イラスト」の聴診部位にチェストピースを移動させて聴診します。チェストピース部位の心音/心雑音が聴こえます。

胸部イラストの下には、心音図を掲載しています。心音図を見て音を確認することができます。

心音症例

心音ON,肺音OFF

肺音をOFFにした状態では心音のみが再生されます。

胸部イラスト下の「A,P,T,M」各ボタンを押すと各部位(最強点)にチェストピースが移動し、その部位の音が聴こえます。「最強点」以外では、心音/心雑音の音が小さくなります。HRの調整も可能です。

心音症例

心音ON,肺音ON

「肺音」をONにすると心音と肺音が同時に聴こえます。画面下の「A,P,T,M」各ボタンを押すと、各部位(最強点)にチェストピースが移動し、その部位の音が再生されます。「最強点」以外では、心音/心雑音の音が小さくなります。

心音症例

心音ON,脈触診ON

脈をONにすると、脈をとりながら心音聴診ができます。この場合、聴くゾウ2台とステレオ分岐ケーブルが必要です。脈側(L側)の聴くゾウは音量を大きくして、シリコン面を優しく触診してください。脈は橈骨動脈のタイミングに調整しています。

脈触診を利用する場合は、聴くゾウ2台とステレオ分配ケーブルが必要です。

ステレオ分配ケーブルを通して聴くゾウを接続します。L側に接続した聴くゾウで脈を触診します。脈側の聴くゾウは音量ダイヤルを大きくし、シリコン面を優しく触診してください(強く押さえると脈が触れにくくなります)。

 肺音症例 前胸部/背部切替

肺音聴診は、前胸部と背部で行います。画面右上の🔄を押すと前胸部と背部が切り替わります。

肺音症例

胸部イラストの下に聴診部位と異常音部位をマーカーで示しています。

 肺音症例

肺音ON,心音OFF

画面に表示されたチェストピースを移動させて肺音聴診をします。チェストピース部位の肺音が聴こえます。心音はON/OFFの切り替えが可能で、OFFの状態では心音は聴こえません。

 肺音症例

肺音ON,心音ON

画面に表示されたチェストピースを移動させて聴診します。チェストピース部位の肺音が聴こえます。

心音をONにすると、肺音と一緒に心音が聴こえます。

画面拡大・オフライン利用

前胸部イラストは、画面全体に拡大して利用することができます。拡大する直前の聴診音設定やHRが維持された状態で画面が拡大します。この拡大モードではインターネット接続が無い状態でも利用できます。

全画面表示モードでは、HRや聴診音切替機能は非表示になり、症例名(タイトル)も表示されません。

オリジナル音源

オリジナル音源は、テレメディカが編集して提供します。ご希望の際には、お客様お手持ち音源をご提供いただくか、サイト内の聴診音の中から選択していただいた上で、調整内容をお伺いします。編集した音源はiPax内に設定してご利用ください。編集音源は提供できません。

また、オリジナル音源は、他の利用者には開示されず、ご希望のお客様だけがご利用いただけます。


活用事例

iPaxの症例

iPaxに搭載している症例は下記の通りです。リストに無い場合やオリジナル症例をご希望の場合は新規に作成して提供致します。

※症例は全てiPax内で提供致します。

1.心音症例(前胸部イラスト上で聴診)

肺音オン/オフ、脈オン/オフ、HR調整、症例全画面表示

①正常心音

②生理的S2分裂

③S2異常分裂

④S3ギャロップ

⑤S4ギャロップ

⑥S4+S3ギャロップ

⑦サメーションギャロップ

⑧サメーションギャロップ(2)

⑨肺動脈駆出音

⑩機能性雑音

⑪心房中隔欠損(肺高血圧あり)

⑫心房中隔欠損(肺高血圧なし)

⑬大動脈弁狭窄

⑭大動脈弁狭窄(早期)

⑮大動脈弁閉鎖不全

⑯大動脈弁閉鎖不全2

⑰僧帽弁閉鎖不全

⑱僧帽弁狭窄

⑲肥大型心筋症

⑳三尖弁閉鎖不全

㉑肺動脈弁狭窄

㉒心室中隔欠損

㉓動脈開存

㉔僧帽弁逸脱

㉕拡張型心筋症

2.肺音症例(前胸部/背部イラスト上で聴診)

心音オン/オフ、前胸部/背部切替、症例全画面表示

①正常肺音

②気管支呼吸音低下

③気管支呼吸音低下+気管領域ウィーズ

④気管支呼吸音低下+気管支領域ウィーズ

⑤空洞呼吸

⑥肺胞呼吸音減弱

⑦ファインクラックル

⑧ファインクラックル2

⑨コースクラックル

⑩コースクラックル2

⑪コースクラックル3

⑫コースクラックル+ロンカイ

⑬コースクラックル+ロンカイ2

⑭コースクラックル+スクウォーク+ロンカイ

⑮コースクラックル+スクウォーク+ロンカイ2

⑯ウィーズ

⑰ウィーズ2

⑱ウィーズ3

⑲コースクラックル+ウィーズ

⑳胸膜摩擦音

COVID-19症例

(Day1、Day3、Day5、Day7、Day11の肺音比較が可能です)

3.グル音(mp3)

①グル音1(正常)

②グル音2(正常)

③グル音3(金属音)

4.コロトコフ音(mp4)

①スワンポイントに連動したコロトコフ音動画

②表示映像を見ながらコロトコフ音を聴くコンテンツ(血圧間隙含む合計6症例)

5.Bookmark登録(数の制限なし)

6.Bookmark並べ替え

iPaxカタログダウンロードPDF2MB)


ライセンス基本料金(1年間)

1ライセンス 55,000円/年(税別)

オースカレイド7症例(心音肺音、脈触診ON/OFF、症例拡大などすべて機能利用できます)

・正常心音1症例

・正常肺音1症例

・その他5症例選択(症例リストからお選びください)

グル音(mp3)3音源

コロトコフ音(mp4)6症例

オプション症例

オースカレイド1症例毎に8,000円/年(税別)

※症例追加をご希望場合は、弊社音源ライブラリまたはお客様の音源から制作し、iPaxに設定いたします。

※代理店販売は承っておりません。直接テレメディカにお問合せください。


ライセンスについて

iPaxを1年間利用いただくためにライセンスキーを発行いたします。1つのライセンスキーで登録できる端末は「1台」です。1つのライセンスキーで複数の端末を登録することはできません。

オプション症例

オプション症例は、年間利用申し込みと同時にお申し込みください。ご利用期間の途中で申込をいただくことも可能ですが、その場合は利用期間が短くなります。(基本契約が終了した時点でオプション症例は利用できなくなります)。

利用可能な端末・ブラウザ

iPaxが利用できる端末には制限はありません。パソコンでもタブレットでもスマートホンでも、インターネット接続が可能なものならどのような機種でも利用可能です。ただし、端末の性能によって音質に差が出る場合があります。

ブラウザは、Chrome、Safariを推奨しています。

その他

iPaxには、聴くゾウや端末、ステレオ分岐ケーブルは付属していません。別途お買い求めください。

iPaxは代理店販売はしていません。


販売協力

日本ライトサービス株式会社

お問合せ、ご注文

株式会社テレメディカ

mailto: ask@telemedica.co.jp

Copyright (C) 2019 株式会社テレメディカ All Rights Reserved.